【講習会場紹介】イブキサッカースタジアム&ドローンフライトパーク

先月から、イブキサッカースタジアム&ドローンフライトパークでの
ドローンフライトマスター講習が始まりました!
非常にきれいで使いやすい施設となっています。

 

イブキサッカースタジアム&ドローンフライトパークは、
その名の通り、滋賀最大の山である伊吹山の近くにあり、
屋外会場からはその姿を眺めることができます。
自然に囲まれた、とても気持ちの良い場所です。

 

ドローンとイブキサッカースタジアムと伊吹山

 

写真の看板が目印です。
広い駐車場を所有しており、無料で駐車することができます。

 

エントランスには椅子と机があり、休憩することができます。
講習の座学は、写真の右手にある階段を上がった先の
ミーティングルームで行います。

 

実技を行う屋内会場はテントのようになっており、
光は通し、雨や風は防ぐので、
天候に左右されず講習を開催することができます。
これから冬を迎えますが、屋内なので安心ですね!

実技会場

 

屋外会場はサッカーコート1面分で、全面人工芝となっています。
天気の良い日は、ここでInspire2の飛行体験ができます!

Inspire2 飛行体験

 

その他、Free WiFi や 自動販売機等もございます。

Free WiFi・自動販売機

イブキサッカースタジアム&ドローンフライトパークは、
サッカースタジアムだけでなく、BBQ場の併設など、
家族みんなで楽しめる場所へと日々進化しています!

 

アクセス等詳細はこちらから
https://procrobo.com/place/

 

ドローンフライトマスター講習詳細はこちらから
https://procrobo.com/dfmschool/

プロクルーが中日新聞に掲載されました!

2020年10月15日の中日新聞滋賀総合ページに、プロクルーが掲載されました。

プロクルーのドローン事業は、まだドローンの知名度が低かった2016年に始まり、
先駆けてスクールなどを展開してきました。
スクール以外にも、空撮、防災、鳥獣害対策、観光など、広い分野でドローンを活用しています。



ドローンスクールは今年で4年目を迎え、修了者は600人を越えました。
この10月からドローンフライトマスター講習のカリキュラムを変更し、
2日間の講習で10時間の飛行経歴を得ることができるようになりました。
また、発展講習として、目視外・夜間講習や、撮影スペシャリスト講習などを
ご用意しております。
→ドローンスクールの詳細はこちらから!


空撮事業では、PR動画の撮影や、空撮動画の提供などを行っております。
先月の「アナザースカイ」では、
弊社社員が滋賀県の風景をドローンで撮影したものが放映されました。
→アナザースカイで使用された動画はこちら!
→空撮代行詳細・依頼はこちらから!


鳥獣害対策では、ドローンで狼の鳴き声を流し、
猿や鹿などを追い払う活動を行っております。
デルフリキャンプにて実証実験や実演を行っております。
→鳥獣害対策(アタックドローン)詳細はこちらから!

ドローン現場備品 販売中!

当社ネットショップではドローンの飛行現場で役立つグッズを販売中です。
「ドローン操縦士ゼッケン」等、安全に飛行していただくための現場備品を取り扱っています。
ドローンパイロットの方々はこんなものがほしいけど、どこで売っているのかわからない…といった経験も多いのではないでしょうか。
そんな”あったらいいな”という想いに応えられる商品を、当社は販売いたします。
 
このコラムでは商品をちょっとだけご紹介!

続きを読む

ちょっと気になるドローンQ&A

■Q.モードとは?

 A.ドローンのコントローラーの操作方法のことです。
  詳しくはこちら ▷「モードって何?どれがおすすめ?
 

■Q.FPVとは?

 A.First Person View(一人称視点)のことです。
  詳しくはこちら ▷「よく聞くFPVとは?注意点も!
 

■Q.ジンバルとは?

 A.カメラの傾きやブレを防止する機械のことです。
  詳しくはこちら ▷「とても優秀!ジンバルとは?
 

■Q.ドローンは民間資格以外に必要な免許はあるの?

 A.一般的なドローンには必要ありませんが、一部のドローンには「無線免許」が必要です。
 

■Q.ドローンを飛ばしながら、手元のモニターに映る景色を楽しみたい。

 A.機体を見ずに操縦することになるので「目視外飛行」の資格を持っていないと違法になります。
 

■Q.ドローンの保険は加入したほうがいい?

 A.加入をおすすめします。自動車の車両保険と同じく「もしも」の時のために備えておくと安心です。
  当社が紹介している機体保険「 DroneAgentCare 」は、購入後も加入できますのでぜひご検討ください。
  詳しくはこちら ▷「 DroneAgentCare
 

■Q.「国土交通省 管理団体」ってどんな団体?

 A.ドローンスクールは「管理団体」と「講習団体」にわけられます。
  全国に約720ある講習団体を管理しているのが「管理団体」です。  

  管理団体は全国に46団体あり、当社はそのうちの1つです。
 

とても優秀!ジンバルとは?

ジンバルとは?

カメラの傾きやブレを防止する機械のことです。
 

 
こちらは当社でジンバルテストを行った動画です。
機体を傾けてもカメラはずっと真正面を向いていて、水平を保っているのがわかります。
すごいですね。
 
これ実はすごく有能で、ジンバルのあるなしでは撮れる映像が全然違ってくるんです。
 
(左:ジンバルによる手ブレ補正、中央:電子式手ブレ補正、右:光学式手ブレ補正)
 
DJI製品でジンバルが採用されて以降、ドローン業界にもジンバル搭載ドローンが普及しました。
DJIはジンバルが強い!
 
しかしドローンでも比較的安価な機種はジンバルがついておらず、カメラが固定式のものが多いです。
有名なTelloも固定式です。
 
なめらかな映像が撮影したいのであれば、ジンバルつきの機種を使用してみましょう!
機種ごとの詳しい紹介はこちらの記事をご覧ください。
 

手持ち式でコンパクト!ジンバル付きカメラ

ドローンではないですが
Osmo Pocket」という手持ち式のジンバル付きカメラもおすすめです。
 
コンパクトで外出先に持っていきやすいですし、
映画のようなスムーズでブレのない動画が気軽に撮影できますよ。
 

 

当社では機体や「Osmoシリーズ」をネットショップで販売中です。

気になる方はお気軽にご相談ください。