よくあるお問い合わせ

ドローンフライトマスター

全般

  • ドローンに資格はありますか?ドローンを飛ばすのに資格が必要なのですか?

    現在、ドローンには国家資格は存在しません。
    そのため、誰でもドローンが購入・操縦することができます。
    しかし、法律知識や操縦技術が足らず、違反や事故に繋がるケースが増えてきているため、国交省はドローンを運用する人はできる限り、国交省認定の「民間資格」を取得するように提言しています。

    ※農薬散布については国家資格が存在します。
    詳しくは農林水産航空協会のページをご覧ください。

  • ドローンフライトマスター講習ではどのような資格が取れますか?

    国土交通省認定団体の当社が発行する民間資格「ドローン操縦技能証明証」を取得できます。

  • ドローン操縦技能証明証とはどのような資格ですか?

    ドローンフライトマスター講習を受講され、座学試験および実技試験に合格され、かつ10時間以上の飛行履歴を達成された方に発行する証明証です。
    本講習は国交省の講習規定を基に作成したカリキュラムに則った内容となっており、各試験に合格されることによって、国交省が求めるドローン運用者の基本的な知識と技術を持っていることを証明することができます。

  • ドローン操縦技能証明証をとるとどのように役立ちますか、なにができますか?

    ドローン運用に関する国家資格がない日本国内において操縦者の技能を担保する役割を担っており、また、国土交通省より飛行許可を受ける際に必要な無人航空機の操縦知識や能力に関する確認項目を簡略化できます。

  • DRONEフライトマスターとはなんですか?

    当社が呼称する、ドローンを運用するための一定の知識・操縦技術を持っている方の総称です。

  • ドローン操縦技能証明証所持=ドローンフライトマスターなんですか?

    当社が発行する民間資格は「ドローン操縦技能証明証」と名付けています。
    「ドローンフライトマスター」は国交省の指定する基準を満たしている人という意味で当社が定義しております。
    つまり、「ドローン操縦技能証明証」を持っている=「ドローンフライトマスター」であると考えることができます。

    ※国交省認定の各講習団体が行う講習は国交省の基準をもとに作成されているため、講習内容や発行する民間資格の効力はほぼ同じです。
    ※民間資格名や講習名は、各団体が独自に名付けることができます。

  • ドローン操縦技能証明証発行の条件を教えてください

    ドローンフライトマスター講習受講者の方には全部で3つの事項を達成していただく必要があります。

    1. 1日目に実施する座学試験に合格する
    2. 2日目に実施する実技試験に合格する
    3. 10時間の飛行履歴を達成する

     

    1については講習で学んでいただいた内容から出題をします。受講者はドローンの知識をお持ちでない方がほとんどですが、合格率は96%となっており、特に予習をしていただく必要はございません。

     

    2については、2日目の実技練習の際に試験合格レベルに達する方がほとんどです。

    今まで全くドローンに触れたことがない方でも充分な飛行レベルになられる方が多く、合格率は96%となっております。
    (不合格の場合は、1回目は無料で再試験を別日に実施します)

     

    3については、講習後にドローンを購入していただき、各自で飛行練習をしていただくことになります。

    ドローン、トイドローン、シミュレータを使って練習してください。
    講習ではお1人あたり、3時間の飛行が可能ですので、残りの7時間を各自で達成していただきます。
    ※受講される前にドローンの飛行経験がある方は、その時間数も含める事ができます。

    受講後、ドローンをすぐには用意できない、練習場所が確保できないと言う方は、当社の「アフタースクール」を受講いただくことで、スムーズに10時間飛行を達成していただけます。

  • どうしてプロクルーの講座は安いのですか?

    「ドローンフライトマスター講習」は、国交省よりドローンの講習団体の承認を受けている当社が開催する講習です。
    これは国交省の「無人航空機飛行マニュアル」などを基に制作されたもので、他の講習団体も同じ資料からカリキュラムを作成しています。
    従って、国交省認可の講習はどれもほぼ同じ内容となっております。
    なお、講習の価格につきましては、各団体がそれぞれで決めていて、価格設定はバラバラの状態です。
    その中で、当社の価格設定は内容的には全く遜色のないものであり、たいへんお値打ちに設定しております。

  • プロクルーはどういった組織ですか?

    当社は、国交省認定講習「ドローンフライトマスター講習」を始め、ドローン販売、ドローンの撮影・点検代行、警察・消防など公共活動への協力など、ドローンを使ったサービスを数多く展開しております。

    当社の実績をご覧ください。

受講まで

  • どうしても日程が合わないけれど受講したい。

    別日にご希望の場合は、基本的に最低履行人数を2名様とさせていただきます。
    まずお問い合わせください。

  • 年齢制限はありますか?

    16歳以上の日本語読解が可能な方を対象としています。

  • 支払い方法はどのようなものがありますか?

    銀行振込、クレジットカード決済をご利用いただけます。

    クレジットカードはネットショップ注文からのみとなります。

内容について

  • 航空法などの講義などはありますか?

    ドローンフライトマスター講習の座学にて、航空法およびその他関連法令についてご説明させていただきます。

  • 講習までに練習したいのですが飛行許可を取らずにドローンを飛ばせる場所はありますか?

    改正航空法において飛行許可が必要な空域は、人口集中地区、空港周辺、150m以上の上空となります。
    上記以外であれば、基本的に飛行が可能ですが、ドローンにはその他の法令も関わってくるため、一概に飛行可能とは言えません。

    詳しくはドローンフライトマスター講習で学んでいただけます。

当日について

  • 持ち物はなにか必要ですか?

    筆記用具をご用意ください。

  • 講習を受ける時の服装はどうすればいいですか?

    動きやすい服装でお越しください。
    (冬場はできるかぎり暖かい服装にしていただくことをおすすめします。)

  • ドローンを持っていますがそれを使用してもいいですか?

    講習で使用する機体はGPSを切ったATTIモードに切り替えられるものになり、実際に受講者はATTIモードで飛行していただくことになります。
    ATTIモードは慣れない内は事故に繋がりやすいため、安全上当社の講習用ドローンのみを使用していただきます。
    当社で使用している講習用のドローンは、送信機2台を接続しており、受講者が操作を誤ったとしてもインストラクターが操作に介入することができるコーチモードを使用しています。

講習後について

  • 証明証取得後、すぐにドローンの仕事をすることはできますか?

    証明証を所持していることは、ドローンを運用する上で必要充分な操縦技術を持っていることを示すことができますが、仕事で運用するとなると、それ以上の技術を要する場合があります。
    証明証取得後も定期的に飛行訓練は続けていき、操縦技術の向上を日々意識する必要はあります。

  • アフタースクールとはなんですか?

    ドローン操縦技能証明証の発行条件の1つとして、10時間以上の飛行経歴が必要になります。
    ドローンフライトマスター講習では、ドローンを飛行できる時間はお1人あたり、約3時間となっており、残りの7時間は各自で飛行していただく必要がございます。
    アフタースクールはドローンと練習場をお貸しし、インストラクターの指導を受けながら残りの時間数を達成していただくプランとなっております。

  • アフタースクールは受けたほうがいいですか?

    ドローンの飛行練習でポイントとなるのは漠然と飛行するのではなく、練習メニューを決めたり、目標物を設置したりして技術の向上に繋げていくことです。
    アフタースクールではインストラクターの指導の下、当社の練習メニューに沿って飛行します。個人的に練習する時間と、指導を受けながら練習する時間を比べた場合、後者の方がより充実した練習時間となり、技術も向上しやすいです。
    ドローンをスムーズに運用できるようにするためにも、アフタースクールの受講をおすすめしております。

  • アフタースクールは、フライトマスター講習の二日間とは必ず別日に設けられるもの?

    アフタースクールは7時間ほどの時間を要します。
    フライトマスター講習を2日間受講後、次の日にそのままアフタースクールを受講される方が多いです。
    日を空けてから受講していただく事も可能です。

  • 仕事用のドローン資格がありますか?

    民間資格となりますが、仕事に活かしていただくことができる上位の講習プログラムを行っていく予定です。

     

    撮影エキスパート講習(仮称)

    ドローンのカメラの露出、露出補正や撮影モード、カメラワークなどを学び、

    よりキレイな画像、映像が取れる技術を体得していただきます。

     

    フライトエキスパート講習(仮称)

    より高い操縦技術を学び、安全で精度を極めた飛行を体得していただきます。

アフターサポートについて

  • 受講後のアフターフォローなどはありますか?

    当社は機体の販売も行っております。
    初期セットアップを実施した上でお渡ししますので、お届け後、すぐにドローンをお使いいただくことができます。
    当社が運営する「ドローン防災・産業協会(DDI)」に入会していただきますと、定期的なドローン情報の提供や、メンバーで情報交換、お仕事の斡旋もさせていただきます。

  • 講習を受けた後に仕事を発注していただけますか?

    フライトマスター講習受講後、当社が運営する「ドローン防災・産業協会(DDI)」に入会していただきますと、プロクルー認定ドローンパイロットとして登録させていただきます。
    当社がクライアントより受け持った撮影依頼などをみなさまに提供させていただく場合があります。

  • 卒業後でも飛行許可申請方法など教えてもらえますか?

    ドローンフライトマスター講習では、基本的な飛行許可申請方法をお伝えしております。
    具体的な内容につきましては、講習後もできる限りお伝えします。

機体のご購入について

  • 練習用のドローンはどんなものですか?

    おすすめの機体は「Mavic2シリーズ」です。
    GPSの受信感度が良くなり、より安定した飛行が可能となっています。
    障害物センサーが全方位に搭載されており、より安全な飛行ができます。
    また、折りたたみできる機体となりますので、持ち運びが容易となっています。

     

    Mavic2シリーズ ご購入はこちらから

     

    飛ばす場所が限られている場合、おすすめの機体は「TELLO」です。
    いわゆるトイドローンと呼ばれる物で、機体重量は90g以下となっております。
    改正航空法によって定義されているドローンは200g以上となっており、本機体は該当しません。そのため、基本的にはどこで飛ばしても問題ない機体となります。
    (※重要施設など一部地域を除く)
    また、機体には自機の位置を自動調整できるセンサーが搭載されており、操作をしなくてもその場でホバリングが可能なため、落ち着いて安全に飛行練習が可能です。

     

    TELLO ご購入はこちらから

  • どのドローンを買ったらいいのか分からないので教えてほしい。

    ドローンフライトマスター講習の際に機体購入のご相談もさせていただきます。
    お客様の用途によって機体も変わってきますので、詳しくお伺いさせていただき、最適なドローンを提案させていただきます。
    また、講習を受講される前に検討されていた機体を受講後に変更されるケースがよくあります。
    まずは、実際にドローンを講習で飛行・相談していただき、決めていただくことをおすすめします。

  • セットアップなどの方法も教えてもらえますか?

    お渡しの際に一緒にセットアップをさせていただき、その場で納品させていただくことができます。
    (基本的にお買い上げいただいたドローンは初期セットアップを当社で行って、お渡ししております。)

 

空撮の代行に関して

  • 事故があった場合補償はどうなりますか?

    弊社ではドローンの賠償責任保険に加入しております。万が一の場合もご安心ください。

  • 撮影しなかった場合のキャンセル料どうなりますか?

    お客様の都合ではない、天候(雨風)・機体トラブル等の撮影延期についてはキャンセル料は発生しません。ただし、お客様のご都合によるキャンセルの場合はキャンセル料が発生します。

  • 撮影当日、天候が悪かった場合費用が発生しますか?

    撮影前日または当日に撮影可能かを判断し、連絡します。万が一中止となった場合、追加料金なしで日程を再調整しますのでご相談ください。

  • 撮影の際、飛行できない場所はありますか?

    弊社は国交省および航空局より無人航空機(以下、ドローン)の飛行許可を受けているため、日本全域でドローンを飛行させることが可能です。ただし、安全上飛行できない場所や、別に地権者に許可をとるべき場所においては撮影ができない場合があります。
    事前に撮影場所をご相談頂きましたら、弊社で調べさせて頂きますのでご相談ください。

  • 納期はどれぐらいですか?

    撮影後3営業日以内に納品します。
    補正や編集が不必要でお急ぎの場合は、現地でのデータ受渡も可能です。お気軽にご相談ください。

  • 撮影した動画を編集してもらいたいのですが可能ですか?

    ご対応可能です。
    編集の内容により別途、お見積しますのでご相談ください。

  • 空撮・点検撮影の依頼はどうすればいいですか?

    お問い合わせフォーム、電話でも受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。
    電話: 0749-62-2762 / お問い合わせフォーム

修理・メンテナンスについて

  • 購入した機体を墜落して壊してしまったのですが、どうしたらいいですか?

    修理のご依頼は修理受付フォーム/電話/FAXで承ります。
    詳しくは修理・メンテナンスについてをご覧ください。