有名ドローンポータルサイト「ドローンスクールナビ」の人気スクールランキングで1位となりました。(2020年7月現在)

ドローンスクールナビ

受講者数500名突破
ドローンパイロットとして
ビジネスの場で活躍しませんか。

プロクルードローンスクール近畿中部本校は、2018年の開校以来、多くの企業様・団体様との関わりがあります。
  • トヨタ自動車株式会社
  • 東レ建設株式会社
  • 滋賀県栗東市
  • 大阪府高槻市
  • DJI
  • Parrot

その他、建設土木、点検関係、不動産、行政関係の方など数多くの業種の方に受講いただいております。

※掲載許可をいただいた企業・団体のみ掲載しております。

たった3日で業務に活用
POINT 1

経験豊富なインストラクターによる指導

実務経験も豊富

厳正な試験に合格したインストラクターが、ドローンのビジネスへの活用実例を交えて説明を行います。
POINT 2

少人数制で合格率95%!

丁寧な指導で初めての方も安心

インストラクター1名につき受講者最大4名までで実技を行いますので、丁寧に指導ができ受講者1人あたりの飛行時間も多く確保できます。
POINT 3

安全安心!コーチモードの導入

送信機2台での安全講習

当校は全国のドローンスクールでも数少ないコーチモードを導入しています。送信機をインストラクターと受講者が1台ずつ持って操作することで操縦ミスが起こっても常に事故回避できる体制を取っています。初心者の方でも安心して受講して頂くことが可能です。
POINT 4

高性能フライトシミュレーター導入

事前練習により安全に飛行

1日目の座学時から高性能シミュレーター操作練習を導入しています。実機さながらの操作感で飛行技術を実技講習前日に身につけていただく事ができますので、安全に2日目の実機操作訓練を行うことができます。
POINT 5

機体の無料レンタル

機材の持ち込み不要

実機は無料でレンタルします。DJI社のInspire2(プロユース)、Phantom4Pro v2.0、Mavic2を講習機材として使用しています。
POINT 6

修了者数500名以上

スクールは毎週開催!

国内でも有数のスクール開講数により、修了者が増え続けています。
POINT 7

国交省認定 管理団体 講習団体

最新のカリキュラムで受講

県下唯一の管理団体である当校は国土交通省が定めたルールを元に独自のカリキュラムで指導。法令などの座学と実技を最新の情報も組み込みバランスよく学ぶことができ即戦力を養います。
国土交通省認定管理団体発行
ドローン操縦技能証明証
本講習の検定に合格され、且つ10時間以上の飛行履歴をある方(飛行時間管理表を提出)は、操縦技術を証明するドローン操縦技能証明証を発行いたします。 この証明証はドローン運用に関する国家資格がない日本国内で「操縦者の知識・技能」および「安全運航管理能力」を証明する役割を担っており、また、国土交通省から飛行許可を受ける際に必要な無人航空機の操縦知識や能力に関する確認項目を簡略化できます。
滋賀県外からの受講も安心の送迎サービス 屋外飛行と屋内飛行で全天候対応

当社の運営するドローンフィールドは、広さ4km超と全国最大級の屋外ドローン練習施設です。

雨天の場合でも広さ170坪超の屋内飛行場を使用しますので、天候に左右されず練習できます。

ドローンフィールドには専用駐車場やセミナールームも完備しております。

電車でお越しの方は、無料送迎サービスもご利用頂けます。

受講前 卒業後も安心 当校だけの6つのサービス
広大な飛行場
ドローンフィールド無料チケット
当社の運営する広さ4km超のドローンフィールドの無料ご利用券を3回分お付けいたします。 受講後の飛行練習にお使いください。
用途に合わせた
機体購入相談
DJIの商品知識豊富なスタッフが受講者様のドローンの使用用途に合わせて最適な機体のご提案をさせていただきます。
機体購入後の
テクニカルサポート
ドローンの保険とテクニカルサポートがセットになったDroneAgentCareにご加入いただくことで、経験豊富なテクニカルスタッフが機体運用サポートいたします。
遠方の方も安心
宿泊先の手配
当社が提携している宿泊施設のご予約も承っております。宿泊ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
当社オリジナル
ブルゾン プレゼント
国交省認定講習修了者と記載されておりますので、ドローン飛行時に信頼の証として活用していただけます。
電車でお越しの方も安心
無料送迎サービス
電車でお越しの方は、当社スタッフが無料で会場まで送迎いたします。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
技能証明証を3日で取得可能
ドローンフライトマスター講習3日
座学と実技を3日間で集中的に学びます。10時間分の飛行を行うため、飛行練習をする場所がない、機体が用意できない方にも最適なコースです。「ドローン操縦技能証明証」の取得が最短で可能です。
対 象 : 基礎から応用技術までを身につけたい方
受講期間: 3日(フライトマスター講習2日間+アフタースクール1日)
受講費 : 110,000円(税別)
特典  : 機体購入割引クーポン
カリキュラム・開催日・会場などの詳細
ドローンフライトマスター講習2日
座学と実技を学びます(飛行練習は4時間です)。講習前後に各自で6時間分の飛行を行い、累計10時間の飛行記録を報告していただくことで、「ドローン操縦技能証明証」を取得できるコースです。  
対 象 : 基礎技術を身につけたい方
     すでに飛行経験がある方
受講期間: 2日(フライトマスター講習2日間)
受講費 : 60,000円(税別)

カリキュラム・開催日・会場などの詳細
Zoomでのオンライン座学講習開催
受講からドローン操縦技能証明証取得までの流れ
受講者の声
 

49歳 男性

本日の筆記で、今迄の知識不足を痛感しました。講習終了後もテキストを再度勉強し、今後も知識を蓄えたいと思います。少人数で丁寧に指導頂けるので非常に楽しく講義を受けられとても勉強になります。また質問にも親切に答えて貰えるので嬉しいです。

53歳 男性

ドローンを飛行させることに伴い、航空法の他さまざまな法律等にも考慮する必要があることがわかり役に立ちました。また、実技についても基本的な操縦を改めて練習することができ良かったと思います。

26歳 女性

2日間とても充実した内容でした。2日目の実技で円や旋回等練習させていただけたのは助かりました。

その他のお客様の声はこちら

よくあるご質問
  • ドローンに資格はありますか?ドローンを飛ばすのに資格が必要なのですか?
    現在、ドローンには免許は存在しませんが、法律知識や操縦技術が足らず、違反や事故に繋がるケースが増えてきているため、国交省はドローンを運用する人はできる限り、国交省認定の講習団体が発行する「民間資格」を取得するように推奨しています。
  • ドローンフライトマスター講習ではどのような資格が取れますか?

    国土交通省認定団体の当社が発行する民間資格「ドローン操縦技能証明証」を取得できます。

  • ドローン操縦技能証明証とはどのような資格ですか?

    ドローンフライトマスター講習を受講され、座学試験および実技試験に合格され、かつ10時間以上の飛行履歴を達成された方に発行する証明証です。
    本講習は国交省の講習規定を基に作成したカリキュラムに則った内容となっており、各試験に合格されることによって、国交省が求めるドローン運用者の基本的な知識と技術を持っていることを証明することができます。

  • ドローン操縦技能証明証をとるとどのように役立ちますか、なにができますか?

    ドローン運用に関する国家資格がない日本国内において操縦者の技能を担保する役割を担っており、また、国土交通省より飛行許可を受ける際に必要な無人航空機の操縦知識や能力に関する確認項目を簡略化できます。

  • ドローンフライトマスターとはなんですか?

    当社が呼称する、ドローンを運用するための一定の知識・操縦技術を持っている方の総称です。

  • ドローン操縦技能証明証所持=ドローンフライトマスターなんですか?

    当社が発行する民間資格は「ドローン操縦技能証明証」と名付けています。
    「ドローンフライトマスター」は国交省の指定する基準を満たしている人という意味で当社が定義しております。
    つまり、「ドローン操縦技能証明証」を持っている=「ドローンフライトマスター」であると考えることができます。

    ※国交省認定の各講習団体が行う講習は国交省の基準をもとに作成されているため、講習内容や発行する民間資格の効力はほぼ同じです。
    ※民間資格名や講習名は、各団体が独自に名付けることができます。

  • ドローン操縦技能証明証発行の条件を教えてください

    ドローンフライトマスター講習受講者の方には全部で3つの事項を達成していただく必要があります。

    1. 1日目に実施する座学試験に合格する
    2. 2日目に実施する実技試験に合格する
    3. 10時間の飛行履歴を達成する

     

    1については講習で学んでいただいた内容から出題をします。受講者はドローンの知識をお持ちでない方がほとんどですが、合格率は96%となっており、特に予習をしていただく必要はございません。

     

    2については、2日目の実技練習の際に試験合格レベルに達する方がほとんどです。

    今まで全くドローンに触れたことがない方でも充分な飛行レベルになられる方が多く、合格率は96%となっております。

     

    3については、講習後にドローンを購入していただき、各自で飛行練習をしていただくことになります。

    ドローン、トイドローン、シミュレータを使って練習してください。
    フライトマスター講習ではお1人あたり、3時間の飛行が可能ですので、残りの7時間を各自で達成していただきます。
    ※受講される前にドローンの飛行経験がある方は、その時間数も含める事ができます。

    受講後、ドローンをすぐには用意できない、練習場所が確保できないと言う方は、当社の「アフタースクール」を受講いただくことで、スムーズに10時間飛行を達成していただけます。

  • どうしてプロクルーの講座は安いのですか?

    「ドローンフライトマスター講習」は、国交省よりドローンの講習団体の承認を受けている当社が開催する講習です。
    これは国交省の「無人航空機飛行マニュアル」などを基に制作されたもので、他の講習団体も同じ資料からカリキュラムを作成しています。
    従って、国交省認可の講習はどれもほぼ同じ内容となっております。
    なお、講習の価格につきましては、各団体がそれぞれで決めていて、価格設定はバラバラの状態です。
    その中で、当社の価格設定は内容的には全く遜色のないものであり、たいへんお値打ちに設定しております。

  • プロクルーはどういった組織ですか?

    当社は、国交省認定講習「ドローンフライトマスター講習」を始め、ドローン販売、ドローンの撮影・点検代行、警察・消防など公共活動への協力など、ドローンを使ったサービスを数多く展開しております。

    当社の実績をご覧ください。

  • どうしても日程が合わないけれど受講したい。

    別日にご希望の場合は、基本的に最低履行人数を2名様とさせていただきます。
    まずお問い合わせください。

  • 年齢制限はありますか?

    16歳以上の日本語読解が可能な方を対象としています。

  • 支払い方法はどのようなものがありますか?

    クレジットカード決済と、銀行振込、後払い(事業所のみ)をお選びいただけます。
    クレジットカード決済は、Webの申し込みページからのみの受付になります。
    Webページでのお申込はこちらから。

  • 支払いについて請求書払いは可能でしょうか?

    事業所様は、MF決済という後払い決済をご利用いただくことができます。
    弊社ホームページのお申し込みページより、お申し込みいただく際にお支払い方法を選択できます。
    受講いただいた月の翌月末までにお支払いをお願いいたします。

  • 航空法などの講義などはありますか?

    ドローンフライトマスター講習の座学にて、航空法およびその他関連法令についてご説明させていただきます。

  • 講習までに練習したいのですが飛行許可を取らずにドローンを飛ばせる場所はありますか?

    改正航空法において飛行許可が必要な空域は、人口集中地区、空港周辺、150m以上の上空となります。
    上記以外であれば、基本的に飛行が可能ですが、ドローンにはその他の法令も関わってくるため、一概に飛行可能とは言えません。

    詳しくはドローンフライトマスター講習で学んでいただけます。

  • 持ち物はなにか必要ですか?

    筆記用具をご用意ください。

  • 講習を受ける時の服装はどうすればいいですか?

    動きやすい服装でお越しください。
    (冬場はできるかぎり暖かい服装にしていただくことをおすすめします。)

  • ドローンを持っていますがそれを使用してもいいですか?

    講習で使用する機体はGPSモードからATTIモードに切り替えられるものになり、実際に受講者はATTIモードで飛行していただくことになります。
    ATTIモードは慣れない内は事故に繋がりやすいため、安全上当社の講習用ドローンのみを使用していただきます。
    当社で使用している講習用のドローンは、送信機2台を接続しており、受講者が操作を誤ったとしてもインストラクターが操作に介入することができるコーチモードを使用しています。

     
    ※GPSモード:機体に搭載されたGPSによって自機の位置をドローンが把握し、仮に風でドローンが流されそうになっても、ドローンが自機の位置を自動的に調整してくれるモードです。スティックから手を離していてもその場でとどまってくれます。
     
    ※ATTIモード:スティック操作をしないと風に流されるモードです。
     
    ※コーチモード:送信機を2台使った体制のことです。受講者がサブの送信機、インストラクターがメインの送信機を持って飛行します。インストラクターが危険と判断した時に介入でき、メインの送信機の操作が優先される機能です。
  • 証明証取得後、すぐにドローンの仕事をすることはできますか?

    証明証を所持していることは、ドローンを運用する上で必要充分な操縦技術を持っていることを示すことができますが、仕事で運用するとなると、それ以上の技術を要する場合があります。
    証明証取得後も定期的に飛行訓練は続けていき、操縦技術の向上を日々意識する必要はあります。

  • アフタースクールとはなんですか?

    ドローン操縦技能証明証の発行条件の1つとして、10時間以上の飛行経歴が必要になります。
    ドローンフライトマスター講習では、ドローンを飛行できる時間はお1人あたり、約3時間となっており、残りの7時間は各自で飛行していただく必要がございます。
    アフタースクールはドローンと練習場をお貸しし、インストラクターの指導を受けながら残りの時間数を達成していただくプランとなっております。

  • アフタースクールは受けたほうがいいですか?

    ドローンの飛行練習でポイントとなるのは漠然と飛行するのではなく、練習メニューを決めたり、目標物を設置したりして技術の向上に繋げていくことです。
    アフタースクールではインストラクターの指導の下、当社の練習メニューに沿って飛行します。個人的に練習する時間と、指導を受けながら練習する時間を比べた場合、後者の方がより充実した練習時間となり、技術も向上しやすいです。
    ドローンをスムーズに運用できるようにするためにも、アフタースクールの受講をおすすめしております。

  • アフタースクールは、フライトマスター講習とは別日に設けられるものですか?

    アフタースクールは7時間ほどの時間を要します。
    フライトマスター講習を2日間受講後、次の日にそのままアフタースクールを受講される方が多いです。
    日を空けてから受講していただく事も可能です。

  • 仕事用のドローン資格はありますか?

    民間資格となりますが、仕事に活かしていただくことができる上位の講習プログラムをご用意しております。

     

    ドローンスペシャリスト講習

    ドローンによる業務で使える空撮技術を習得できます。

  • ドローン操縦技能証明証は有効期限があるのでしょうか?有効期限がある場合は手続き等はどのようにすれば良いでしょうか?

    ドローン操縦技能証明証の有効期限は2年間となっております。
    更新時にオンラインでの座学テストの受験および、それまでの総飛行時間を報告していただく形になります。
    更新の時期になりましたら、こちらからご連絡させていただきます

【ご確認ください】新型コロナウィルスによる対策につきまして

新型コロナウイルス感染症対策に関して、当スクールでは現在、座学をオンラインで受講していただくことができます。現地での座学につきましては、5月20日よりお申込みを再開しております。
お越しいただく皆様が安心してご受講いただけるよう、感染防止へのご協力をお願いしております。

  • スタッフはマスクの着用をさせていただきます
  • ソーシャルディスタンスを実施させていただきます
  • 教室への入室時には手の除菌をお願いしております
  • 定期的な室内換気をさせていただきます
  • 検温を実施させていただきます

新型コロナウィルスの対策の詳細はこちら

主な対策について

密閉、密集、密接の対策

座学会場および実技屋内会場では、入り口と窓を常時開け、密閉を防ぎます。
また、受講者の定員を8名に制限することで、できる限り密集、密接が起こらないようにします。
※北部会場につきまして、5月からは実技は屋外飛行場を活用します。

各種感染対策

飛沫

ソーシャルディスタンスを考慮し、各受講者様同士およびインストラクターとの間の距離を2m以上確保し、担当インストラクターはマスクを着用いたします。

机の間にパーティションを設置しています。

 

接触

会場には洗面台および消毒用アルコールを設置しております。

 

 

ご協力いただきたい事

連日新型コロナウイルスの報道がされておりますが、弊社としましては感染拡大防止のため、以下にあるような対応へのご協力をいただいております。

 

1)接触感染防止のため、手指の殺菌消毒、手洗い、うがいの励行

  • 会場またはトイレにて手洗い等のご協力をお願いします。
  • アルコール消毒液は講習会場に設置いたします。

2)飛沫感染防止のため、「咳エチケット」の励行、マスクの着用

  • 当日はマスクをご持参いただき、講習中は必ずご着用ください。
  • 担当インストラクターもマスクをして講習を行います。
 

3)以下の症状にあてはまる方は当日の受講をご遠慮いただいております

  1. 当日37.5度以上の発熱のある
  2. 風邪の症状が2日以上続いている方
  3. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

※当日、非接触型体温計にて、体温を測らせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

 

なお、新型コロナウィルスの影響により講習を延期する場合は、事前にご連絡申し上げます。

 

ご理解、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

   

講習キャンセル料(新型コロナウィルスに関して)

新型コロナウィルスの影響を考慮し、講習当日までに体調を崩された等、事情により講習受講が不可能な方につきましては、キャンセル料は一切発生いたしません。

     

コースによって、以下の商品をカートに入れ、お申込ください。

ドローンフライトマスター講習 3日 ドローンフライトマスター講習 2日
・ドローンフライトマスター 2日間 ・ドローンフライトマスター 3日目 ・ドローンフライトマスター 2日間
※3日目は、ドローンフライトマスター講習2日間受講から日を空けて受講いただくこともできます。

<オンライン座学講習を受講される方>
ドローンフライトマスター3日間コースを受講される場合、ドローンフライトマスター3日目の日程選択の際に、「オンライン座学講習受講の方」を選択してカートに入れてください。

各コースの詳細はこちらから

 

お支払い方法

お支払い方法は以下よりお選びいただけます。
  • クレジットカード決済
  • 銀行振込
  • 請求書払い「MF KESSAI」(事業所限定)

事業所様は請求書払いもお選びいただけますので、是非ご利用ください。

※お申込の際にご入力いただくメールアドレスにつきましては、基本的にパソコン用メールアドレスでお願いいたします。携帯電話のメールアドレスの場合、当社からのご案内メールが届かない可能性があります。 ※通常のキャンセル料につきましては、こちらをご覧ください。 ※新型コロナウィルスの影響を加味し、講習当日までに体調を崩された等、事情により講習受講が不可能な方につきましては、キャンセル料は一切発生いたしません。
ピックアップ