ホームコース一覧 > ドローン災害危機管理者講習

ドローンを災害対策に活用するメリット

ドローンを災害対策に本格導入する実践型の「ドローン災害危機管理者講習」

災害時にドローンを飛ばすためには、運用目的にあった機材を揃え、その特長や操縦方法を習得して性能を十分に発揮するスキルが必要です。
また、災害対策は災害時の対応だけではなく、災害前のハザードマップ作りや、災害発生後の情報管理など多岐にわたります。
ドローン災害危機管理者講習は、自然災害等の緊急時にドローンを活用し円滑な対応ができるよう、様々な災害現場での飛行場面を想定した機材の操作方法・撮影時の技術をはじめとして、災害前の対策・災害発生時の対応および情報共有・災害後の情報管理など、現場ですぐに使える技術を学べる実践向け講習です。

ドローン災害危機管理者講習の特徴

座学では、災害前・災害中・災害後の流れで、防災ハザードマップの作成方法や災害時のドローンの飛行方法・撮影データの共有方法などを詳しく学びます。
実技では、災害時に実際に使うことのできる操縦技術を学ぶことができます。補助者なしで、機体を見ずに飛行させる「目視外飛行」の操縦技術を身に着けることで、災害時に様々な場所でドローンを活用することができます。
さらに、本講習ではリアルタイムでドローンの位置情報や映像を確認・記録することのできる多元中継システム「Hec-eye」を導入しており、今まで一つひとつ人の手で整理していた情報を、より簡単に情報共有・管理する方法を学ぶことができます。
ドローン災害危機管理者講習は、一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)の第1号認定講習です。

受講対象者

フライトマスター講習を含む、国土交通省航空局ホームページに掲載されている講習団体の講習を受講して技能認証を取得している方。

ドローン災害危機管理者認定証明証を発行

本講習で発行する「ドローン災害危機管理者認定証明証」は、「一般社団法人ドローン防災・産業協会(DHI)」が発行し、災害時のドローン運用に関する「操縦者の知識・技能」および「安全運航管理能力」を証明する役割を担っています。

目視外飛行の技術習得可能

講習では、補助者なしでの目視外飛行技術を習得することができ、「ドローン操縦技能証明証(目視外飛行追加)」を発行致します。

※目視外飛行講習修了者を除く

カリキュラム

時間 講習区分 科目
09:30~14:30 09:30~14:30 座学 災害の定義
災害前にドローンですべきこと(管理者・操縦者)
災害時に関係する各種法律(管理者・操縦者)
災害時に有効的な調査方法
災害時の安全運航管理
防災・災害に適した機体
災害後に必要な知識
ドローン映像地図共有プラットフォーム『Hec-Eye』を使った防災
14:30~17:30 14:30~17:30 実技 目視外飛行基礎訓練(補助者なし)
Hec-Eyeを使用した実習
検定試験

受講費用

132,000円(税込)

使用機体(無料レンタル)

Mavic2 Zoom

スクール日程

会場案内

イブキサッカースタジアム&プロクルードローンフライトパーク
滋賀県米原市大野木1777
詳細地図(リンク)
交通アクセス
JR東海道線
近江⻑岡駅から⾞で5分
柏原駅から⾞で7分
駐⾞場:あり(無料)

※座学、実技共に上記会場で実施いたします。

※弊社スタッフが実技会場まで送迎いたします。ご希望の方は講習の申し込みの備考欄に記入または、当社にお電話でお伝えください。

お申込み

※お申込の際にご入力いただくメールアドレスにつきましては、基本的にパソコン用メールアドレスでお願いいたします。携帯電話のメールアドレスの場合、当社からのご案内メールが届かない可能性があります。
※通常のキャンセル料につきましては、こちらをご覧ください。
※新型コロナウィルスの影響を加味し、講習当日までに体調を崩された等、事情により講習受講が不可能な方につきましては、キャンセル料は一切発生いたしません。

ドローンフライトマスター講習を受講されていない方へ

本講習は、ドローンフライトマスター講習の修了者または、その他の国交省認定講習を受講された方が対象となります。

ドローンフライトマスター講習の詳細については、以下をクリックしてください。


目視外飛行の練習がしたい方へ

本講習では、補助者なしでの目視外飛行操縦訓練を行います。

ドローン目視外・夜間飛行操縦講習では、補助者ありでの目視外飛行操縦訓練を行いますので、事前の受講をおすすめしております。

ドローン目視外・夜間飛行操縦講習の詳細については、以下をクリックしてください。


ピックアップ