ドローンでできること 空撮での活用シーン

ドローンの使い道として空撮が挙げられますが、空撮にも様々な種類があり、活用の仕方によっては見る人に大きな印象を与えることができます。
海上から陸に向けて撮影したり、カメラを真下に向けて撮影したりすることで、今までに見たことのない映像をおさめることができます。
また、ドローンの操縦は難しいというイメージを持っておられる方もいらっしゃると思いますが、最近の機体は安定性が以前にも増したことにより、ドローンを使い始めた初心者の方であっても、スムーズな撮影が可能となっています。
さらに、当社の取り扱うドローンは自動飛行機能を備えていますので、機体の操作はあまり意識せず、カメラの操作に集中することも可能です。
本コラムではドローンでの空撮場面の例をご紹介いたします。

ホームページのビジュアルとして使用する

ホームページの素材として、メインビジュアルにドローン撮影写真を使用すると、ページの見栄えが良くなり、見る人の印象に残りやすいページとなります。

最近は、インターネット回線の高速化により、動画をメインビジュアルに使用される方も多く、ドローン動画を使用することで動きのあるページになり、さらに印象的なページになります。
また、被写体によっても見る人に与える印象が変わります。
社屋だけでなく、地域の街並みも撮影することで、企業様のイメージがより伝わりやすくなります。
メインビジュアル以外にも、会社概要で使用したり、ニュースやブログで使用したりなど、様々な活用方法があり、特にニュースやブログで定期的にドローンで撮影した写真や動画を掲載することで、コンテンツの充実化を図ることもできます。

プロモーションビデオに使用する

企業のPR

社屋の全景をドローンの高画質カメラで撮影することで、写真や映像を見た人に大きなインパクトを与えることができます。
カメラを真下に向けての撮影も可能ですので、社屋の敷地内を鳥瞰図のようにおさめることができます。
また外観だけで無く、天井の高いエントランスや工場内など、屋内の様子も撮影することも可能です。
当社の取り扱うドローンには、障害物感知センサーが搭載されておりますので、屋内の撮影であっても安全に飛行することができます。

続きを読む

摘発件数が最多更新!ドローンの違法フライト

「規制なんて知らなかった…」ではすまされない

警察庁のまとめによると、2019年中に全国の警察においてドローン(小型無人機)を飛行禁止区域で飛行させた「航空法違反」容疑で摘発した事件が111件(前年比29件増)にのぼり、過去最多であったことがわかりました。

摘発されたのは115人(同31人増)で、動機は観光等での記念撮影(54件)が半数を占めており、次いで「飛行練習」が34件、「業務での飛行」が7件でした。

違反すると、場合によっては50万円以下の罰金が科せられます。

摘発されてから「ドローン飛行にかかる規制について知らなかった」「飛行許可の申請が煩わしかった」と主張しても通用しません。
今後ドローンを飛ばしたいとお考えの方は、飛行ルールをしっかり学び、遵守することが必要不可欠であることをよく知っておきましょう。

これが、ドローンのポテンシャルを活かし魅力あるツールとして使いこなす第1歩です。

ちなみに、摘発された人の44.3%は外国人だったことから、今後は英語版の警告ポスターによる注意喚起もすすめられるようです。

Phantom 4 Pro V2.0と Mavic 2 Pro どっちのドローンがいいの?

Phantom4ProV2.0が再販され、最近はPhantom4 Pro V2.0の販売数も増えてきています。
Mavic2Proがこれまではプロカメラマンの方々に愛用されていましたが、どちらのドローンにも優れた機能があり、耐久性も高く、人気があります。

ただ、しっかりと比較すると、それぞれのドローンにはメリットとデメリットが存在します。
この記事では、両方のドローンの主要な機能と性能を比較して、どちらの機体を選択すべきかのヒントをお伝えします。

続きを読む

ドローンID発信義務化について

今回の規制強化での注目は登録制度の導入

(2020年3月18日 追記)
こんにちは、プロクルーロボティクスです。今回は、航空法改正案についての続報を掲載します。
2020年2月28日、ドローン関連の航空法改正案が閣議決定されました。改正案の概要は以下の3つです。

A. 無人航空機の登録制度の創設
B. 主要空港における小型無人機等の飛行禁止と違反に対する命令・措置
C. 空港管理における機能確保の強化

今回の法整備は「事故を誘発する危険な飛行の取締り・テロ行為・スパイ活動の防止対策」を目的とした規制強化といえるでしょう。

続きを読む

Phantom 4 Pro V2.0、Phantom 4 Pro+ V2.0を再販いたします

  長らく生産が止まっていた『Phantom 4 Pro V2.0』と『Phantom 4 Pro+ V2.0』が2020年1月7日より、再生産されました。 DJIの代名詞とも言われていたPhantomシリーズの復活で、ビジネス活用においても大きな役割を果たしてくれると思います。

Mavic2との違い

メカニカルシャッターの採用

Phantom4 ProV2.0はメカニカルシャッターがカメラに採用されていますので、歪みの少ない写真や映像が撮影できます。 空撮測量などで、移動しながらの連続撮影が続くような飛行の際にも活用できます。

4K 60fpsでの撮影が可能

空撮業務でクライアントに求められることの多い「4K 60fps」での撮影はMavic 2 ではできませんが、Phantom4 ProV2.0なら可能です。

送信機がディスプレイの有無で選択可能

タブレット端末などのモバイルデバイスを事情により社内で導入できない、スマートフォンやタブレットを持っていないという方にディスプレイ付きの送信機がおすすめです。

ATTIモード(GPS offモード)が使用可能

GPSが受信しにくい場所での飛行は機体の位置情報が不安定になり、機体が勝手に動くなど誤作動を起こしてしまうことがあります。 このような場合にATTIモードにすることで、飛行が可能となりますが、事前にしっかりとした訓練を行う必要があります。 当社の「フライトマスター講習」では、ATTIモードの訓練を取り入れており、より安全にドローンを飛行させる技術を身につけていただく事ができます。 Phantom4ProV2.0を最大限に活用するためにも、ぜひフライトマスター講習の受講をおすすめいたします。   詳細・お申込は以下のバナーをクリック ドローンフライトマスター

Phantom4 Pro V2.0ラインナップ

Phantom 4 Pro V2.0

空撮、高所点検、測量等業務用途でも安定した人気を誇る、ディスプレイ無し送信機の付いたモデル。モニターに使用するタブレット端末などのモバイルデバイスをすでにお持ちの方におすすめです。 ご購入はこちら

Phantom 4 Pro+ V2.0

ディスプレイ一体型送信機の付いたモデル。モニターとしてモバイルデバイスを用意する必要がありませんので、企業、行政関係の方など、事情によりモバイルデバイスを導入できない方などにおすすめです。 ご購入はこちら