【無料実演会】ドローン高所点検/計測/測量 実演セミナー in 滋賀 2024.7.25

~ドローンで省人化・コスト削減を目指される企業様へ~
最新ドローンでできることをわかりやすく解説します!

測量や点検などの業務を効率的に行うにあたってドローンは欠かせない存在となってきています。
ドローン高所点検/計測/測量業務を安全かつ効率的に行うためのドローンやカメラモジュールの実物展示・実演飛行を行います。

7月は新製品「Zenmuse H30T」も展示予定です!

お申し込みフォーム

こんな方におすすめです

ドローン高所点検/計測業務において・・・

  • ドローンによる点検に興味があるが、どの機体がいいのか、なにができるのかわからない方
  • 見積もりのための計測をされたい方
  • 足場をかけずに高所の点検を行いたい方
  • 壁面やソーラーパネルの点検の効率化を図りたい方
  • 赤外線カメラ搭載ドローンを使って点検業務を行いたい方
  • 同じ対象物を定期点検されたい方
  • ドローンの飛行にあたって資格が必要なのか
  • 自社の点検やメンテナンスのために点検用ドローンの導入を考えている方

測量業務において・・・

  • ドローンによる測量に興味があるが、精度はきちんと出るのか、なにができるのかわからない方
  • 測量業務は行っているがドローンでの測量はまだ未経験で、どの機体を導入したらいいか悩んでいる方
  • 今現在Phamtom4RTKを使って空中写真測量を行っているが、最新機種を導入し業務の効率化を考えている方
  • 今後、写真測量だけでなくレーザー測量も行い業務の拡大を考えている方

ドローン全般において・・・

  • ドローンの資格や法律について知りたい方
  • ドローン講習、資格の取得を検討されている方
  • 補助金を活用してドローン導入を検討されている方
  • ドローン導入においてどれくらいのコストがかかるのか知りたい方
  • ドローンの運用にあたって相談されたい方

実演会当日は、最新ドローン及び対応カメラの性能を、実際の業務を模したデモ飛行を通じてご覧頂き、取得したデータもご確認頂けます。

また、弊社産業機担当スタッフがお客様それぞれに最適な機体選びの相談を行う質問会も設けております。なんでも自由にお聞きください。

導入検討中の事業者様に最適なイベントとなっておりますので、皆様のご参加心よりお待ち申し上げております。

セミナーの様子
トップシェアDJI産業用ドローン
デモ飛行
座学の様子

日時 & 費用 & 募集人数

◆開催日 :2024年7月25日(木)
◆受付時間:12時50分~
◆開催時間:13時00分~16時30分
◆参加費用:無料
◆募集人数:30名 (定員に達し次第締め切り)

※雨天時も内容を変更して実施します。

対象者

  • ドローン導入に興味がある事業者
  • 既にドローンの運用をされていて最新情報を知りたい事業者
  • 補助金を活用して導入を検討されている事業者
  • 官公庁または自治体様、または導入提案を検討されている法人様
  • その他ドローンの導入を前向きにご検討されている法人の方

セミナー内容

  • 産業用ドローンの事例紹介
  • 最新ドローンでできること
  • 産業用ドローンのスペック/性能紹介
  • デモフライト(天候により中止あり)
  • 価格/関連補助金について
  • ドローンにおける法律/資格について
  • レベル3.5飛行
  • 質問会/個別相談

導入をご検討の場合は別日程での個別相談も行わせていただきます。実演会当日ご相談ください。

申し訳ございませんが、お申し込み後に自動返信メールが届かない場合がございます。
届かない場合は、お電話(0749-62-0518)でご確認をお願いいたします。

また、開催の1~2日前にリマインドメールをお送りいたします。

会場

座学会場(集合場所)

長浜バイオ大学ドーム 第2会議室
所在地:〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1320

飛行実演会場

長浜バイオ大学ドーム 屋外グラウンド
所在地:〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1321-5

アクセス

◆アクセス方法:
〇電車をご利用の場合
・JR北陸線田村駅より徒歩約7分

〇自動車をご利用の場合
・北陸自動車道長浜インターチェンジから 8Km 約15分
・名神高速道路米原ジャンクションから 7Km 約15分
・名神高速道路彦根インターチェンジから 12Km 約20分

◆駐車場案内(無料):

持ち物

実演は屋外で行います。必要な方はサングラスや日焼け止め等ご持参ください。

講師紹介

一居 修弥

プロクルー マスターインストラクター
DJI CAMP ENTERPRISEインストラクター
一等無人航空機操縦士

講師経歴はこちらから

北川 未来

プロクルードローン事業部
ドローン導入アドバイザー
DJI CAMPインストラクター

注意事項

※写真・動画撮影は可能ですが、他のお客様のご迷惑とならないようお気をつけください。
※同業者の方のお申込みについてはお断りさせて頂いております。
※広報活動のための利用を目的として、当セミナー画像を使用する場合があります。予めご了承ください。
※中止の場合は弊社からお客様へご連絡いたします。

お問い合わせ先

■株式会社プロクルー

お問い合わせフォーム

TEL:0749-62-0518 受付時間:月~金 10:00~17:00

お申し込みフォーム

製品紹介

DJI MATRICE 350 RTK
(産業用フラッグシップ機)

進化したフラッグシップ ドローンプラットフォームMatrice 350 RTKは、一新された映像伝送システム(DJI O3 Enterprise伝送)を採用し、今までにない制御体験を提供します。また、効率性が向上したデュアルバッテリーシステム、より包括的な安全機能(6方向検知&測位)、パワフルな積載性能と拡張性(複数のペイロード構成に対応)も兼ね備えています。

DJI Zenmuse P1
(フルサイズセンサー搭載・4500万画素の可視光カメラ)

フルサイズセンサーカメラと交換可能な単焦点レンズを3軸ジンバルスタビライザーに搭載しています。 航空写真測量用に設計され、精度と効率をまったく新しいレベルに引き上げます。

DJI Zenmuse L2
(LiDARモジュール・高精度IMU搭載のレーザー測量機)

リアルタイムに3Dデータを取得でき、複雑な構造の詳細データを効率的にキャプチャーして、構築モデルを提供する高精度カメラです。

DJI Zenmuse H20シリーズ
(DJI Zenmuse H20 / H20T)

DJI Zenmuse H20シリーズは、DJI MATRICE 350 RTKに搭載することができるレーザー距離計・ズームカメラ・赤外線カメラ(H20Tのみ)の一体型ハイブリッドカメラで、点検や捜索救助で活用されています。

DJI Zenmuse H30シリーズ
(DJI Zenmuse H30 / H30T)

H20シリーズの後継機、全天候型マルチセンサー フラッグシップZenmuse H30シリーズは、広角カメラ、ズームカメラ、赤外線サーマルカメラ 、レーザー距離計、NIR補助ライトの5つの主要モジュールを搭載しています。

DJI MATRICE 30T
(パワーと携帯性を兼ね備えた次世代の業務用ドローン)

バックパックに収まるコンパクトサイズの 業務用ドローンです。Matrice 350 RTK よりも約 25%小型化され取り回しが良くなった一方で、これまでの小型産業機 Mavic 2 Enterprise Advanced にはなかった防塵防滴性能を備えたことで、災害対応、捜索・救助、夜間の調査業務などに適した機体となっています。

DJI MAVIC 3 ENTERPRISE
(写真測量モデル)

最新鋭の機能を搭載したMavic 3 Enterpriseシリーズは、業務用小型ドローンの業界標準を一新します。2種類のモデルで、幅広い業務に対応する初心者にも経験者の方にも最適な業務用ドローンです。Mavic 3 Enterpriseはメカニカルシャッター、56倍ズーム対応カメラ、cmレベルの正確な測位を実現するRTKモジュールに対応し、マッピングなどの業務効率性をさらに向上させます。
Mavic 3 ENTERPRISEの導入と同時にドローン測量ができる講習をご用意しています。

DJI Mavic 3 Thermal
(インフラ点検・災害対応モデル)

最新鋭の機能を搭載したMavic 3 Enterpriseシリーズは、業務用小型ドローンの業界標準を一新します。2種類のモデルで、幅広い業務に対応する初心者にも経験者の方にも最適な業務用ドローンです。DJI Mavic 3 Thermalはサーマルカメラを搭載し、消防活動、捜索救助活動、点検、夜間業務などで活躍します。

DJI TERRA
(写真解析ソフト)

周辺環境のデータを取り込んで分析し、可視化できる簡単操作のマッピングソフトウェアです。これにより、産業分野の専門家は業務現場の事例をデジタル資産へ変換することができます。

DJI Thermal AnalysisTools
(写真解析ソフト)

サーマル画像の分析と処理に利用できます。このソフトウェアは、様々な産業分野において、対象エリアの重要な箇所の温度情報を特定することで、対象物を分析することができます。機器や施設の定期点検などで、このソフトウェアを使用して、温度の異常を検知・特定することで、大きな事故などを防いだり、問題に素早く対処したりすることができます。

カテゴリーの記事