【ご確認ください】新型コロナウィルスの対策について

ニュース

主な対策について

密閉、密集、密接の対策

座学会場および実技屋内会場では、入り口と窓を常時開け、密閉を防ぎます。
また、受講者の定員を8名に制限することで、できる限り密集、密接が起こらないようにします。
※北部会場につきまして、5月からは実技は屋外飛行場を活用します。

各種感染対策

飛沫

ソーシャルディスタンスを考慮し、各受講者様同士およびインストラクターとの間の距離を2m以上確保し、担当インストラクターはマスクを着用いたします。

机の間にパーティションを設置しています。

 

接触

会場には洗面台および消毒用アルコールを設置しております。

 

 

ご協力いただきたい事

連日新型コロナウイルスの報道がされておりますが、弊社としましては感染拡大防止のため、以下にあるような対応へのご協力をいただいております。

 

1)接触感染防止のため、手指の殺菌消毒、手洗い、うがいの励行

  • 会場またはトイレにて手洗い等のご協力をお願いします。
  • アルコール消毒液は講習会場に設置いたします。

2)飛沫感染防止のため、「咳エチケット」の励行、マスクの着用

  • 当日はマスクをご持参いただき、講習中は必ずご着用ください。
  • 担当インストラクターもマスクをして講習を行います。
 

3)以下の症状にあてはまる方は当日の受講をご遠慮いただいております

  1. 当日37.5度以上の発熱のある
  2. 風邪の症状が2日以上続いている方
  3. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

※当日、非接触型体温計にて、体温を測らせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

 

なお、新型コロナウィルスの影響により講習を延期する場合は、事前にご連絡申し上げます。

 

ご理解、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

   

講習キャンセル料(新型コロナウィルスに関して)

新型コロナウィルスの影響を考慮し、講習当日までに体調を崩された等、事情により講習受講が不可能な方につきましては、キャンセル料は一切発生いたしません。

     

ドローンパイロットを目指しませんか

プロクルードローンスクールは
国土交通省認定のスクールです。

ドローンフライトマスター

国土交通省認定の操縦技術証明証が取得できる講習です。
最短2日間で知識技術の習得が可能です。

実務でより有効的にドローンを活用する知識・技術が身につきます。
ドローンフライトマスター講習のステップアップ講習です。