Phantom 4 Pro V2.0、Phantom 4 Pro+ V2.0を再販いたします

ニュース

新着情報

 

長らく生産が止まっていた『Phantom 4 Pro V2.0』と『Phantom 4 Pro+ V2.0』が2020年1月7日より、再生産されました。

DJIの代名詞とも言われていたPhantomシリーズの復活で、ビジネス活用においても大きな役割を果たしてくれると思います。

Mavic2との違い

メカニカルシャッターの採用

Phantom4 ProV2.0はメカニカルシャッターがカメラに採用されていますので、歪みの少ない写真や映像が撮影できます。

空撮測量などで、移動しながらの連続撮影が続くような飛行の際にも活用できます。

4K 60fpsでの撮影が可能

空撮業務でクライアントに求められることの多い「4K 60fps」での撮影はMavic 2 ではできませんが、Phantom4 ProV2.0なら可能です。

送信機がディスプレイの有無で選択可能

タブレット端末などのモバイルデバイスを事情により社内で導入できない、スマートフォンやタブレットを持っていないという方にディスプレイ付きの送信機がおすすめです。

ATTIモード(GPS offモード)が使用可能

GPSが受信しにくい場所での飛行は機体の位置情報が不安定になり、機体が勝手に動くなど誤作動を起こしてしまうことがあります。

このような場合にATTIモードにすることで、飛行が可能となりますが、事前にしっかりとした訓練を行う必要があります。

当社の「フライトマスター講習」では、ATTIモードの訓練を取り入れており、より安全にドローンを飛行させる技術を身につけていただく事ができます。

Phantom4ProV2.0を最大限に活用するためにも、ぜひフライトマスター講習の受講をおすすめいたします。

 

詳細・お申込は以下のバナーをクリック
ドローンフライトマスター

Phantom4 Pro V2.0ラインナップ

Phantom 4 Pro V2.0


空撮、高所点検、測量等業務用途でも安定した人気を誇る、ディスプレイ無し送信機の付いたモデル。モニターに使用するタブレット端末などのモバイルデバイスをすでにお持ちの方におすすめです。
ご購入はこちら

Phantom 4 Pro+ V2.0


ディスプレイ一体型送信機の付いたモデル。モニターとしてモバイルデバイスを用意する必要がありませんので、企業、行政関係の方など、事情によりモバイルデバイスを導入できない方などにおすすめです。
ご購入はこちら

ドローンパイロットを目指しませんか

プロクルードローンスクールは
国土交通省認定のスクールです。

ドローンフライトマスター

国土交通省認定の操縦技術証明証が取得できる講習です。
最短2日間で知識技術の習得が可能です。

実務でより有効的にドローンを活用する知識・技術が身につきます。
ドローンフライトマスター講習のステップアップ講習です。