2020年1月17日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2020年1月17日(金)にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「ドローンフライトマスター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトマスター講習」(約4時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2020年1月15日,16日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました

2020年1月15日(水)、16日(木)にドローンフライトマスター講習を実施しました。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2020年1月10日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

 

2020年1月10日(金)にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

前日までの2日間の講習から引き続いて受けられた3名の方に受講いただきました。

ドローンのインストラクターを目指し、操縦技術のレベルアップを図るために参加

いただいた方もおり、熱のこもったアフタースクールとなりました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「ドローンフライトマスター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトマスター講習」(約4時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2020年1月8日,9日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました

 

2020年1月8日(水)、9日(木)にドローンフライトマスター講習を実施しました。

今回は6名の方が受講されました。県内はもちろん、遠方の三重県や愛知県から

も2名ずつお越しいただきました。

受講のきっかけを尋ねると、文化財の保護や鳥獣害対策で、またメディア関係の

就職先でドローンを使いたい等、 様々なジャンルからご参加いただきました。

各分野でドローンのポテンシャルが求めらていることがうかがえます。

2日間の講習を終えて手ごたえを感じられたのか、帰ったら早速ドローンを飛ば

したいと思い立ち、弊社でMavic miniを注文された方もいらっしゃいました。

 

 

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年12月25日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

 

2019年12月25日(水)にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

前日まで開催したフライトマスター講習から引き続いてアフターを受講された方と、今月初めに2日間

の講習を修了された方にご参加いただきました。

講習の最後に、インストラクターがMavic2 Enterpriseを付属パーツ(スポットライト)を搭載した状態

でデモ飛行しましたが、ドローンが夜間の救助作業や鳥獣害対策等で役立つ高機能を備えていることを

実感していただきました。

※3日間続けてのスクール参加が難しいという方には、アフターのみ別の日程に分けて1日分の講習を

受けていただくこともできます。お申し込み時、お気軽にご相談ください。

 

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「ドローンフライトマスター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトマスター講習」(約4時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年12月23日,24日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました

 

2019年12月23日(月)、24日(火)にドローンフライトマスター講習を実施しました。今回は兵庫・

岐阜からもお越しいただき、8名の方に受講いただきました。

実技講習では、GPSなどが機能しなくなった場合でも安全に飛行できるよう、マニュアル操作の基本

から習得してもらうのですが、受講生は慣れないドローンをはじめて操縦し難度の高い操作から練習

するので、悪戦苦闘します。

でも、インストラクターが講習の合間にアクティブトラック(自動追尾撮影)モードでの飛行やカッコ

いい撮影のコツをデモンストレーションすると皆さんのモチベーションが上がり、検定試験も全員合格

して修了いただくことができました。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年12月21日,22日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました

2019年12月21日(土)(座学),22日(日)(実技)にドローンフライトマスター講習を実施しました。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年12月19日,20日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました

2019年12月19日(木)(座学),20日(金)(実技)にドローンフライトマスター講習を実施しました。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年12月18日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2019年12月18日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「ドローンフライトマスター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトマスター講習」(約4時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年12月16日,17日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました

2019年12月16日(月)、17日(火)にドローンフライトマスター講習を開催しました。
今回は、写真家や撮影関係のお仕事をされている方、建築関係のお仕事をされている方や農薬散布等でドローンを活用されたいと考えておられる方など、あわせて6名が受講されました。
今回も、以前に当社の講習を受けた方に勧められて参加を決めたという受講者がいらっしゃいました。講習に対する満足度の高さを感じられるとともに、よりクオリティの高い講習の構築に努めていかなければと気が引き締まります。
2020年2月からは「空撮」「点検」「測量」とそれぞれの分野に特化したスペシャリスト講習を新たに用意しております。更なるステップアップを目指す皆様の受講をお待ちしております!

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。