2019年7月12日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2019年7月12日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「DRONEフライトオペレーター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトマスター講習」(約3時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年7月10,11日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました


2019年7月10日(水)(座学),11日(木)(実技)にドローンフライトマスター講習を実施しました。

 

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年7月6,7日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました

2019年7月6日(土)(座学),7日(日)(実技)にドローンフライトマスター講習を実施しました。

 

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年6月27日 ドローン基本点検講習を実施しました

2019年6月27日にドローン基本点検講習を実施しました。

ドローンでの点検時には、撮影中のカメラ映像を見ながら操縦することが多く、場合によっては構造物にドローンが隠れてしまい、映像のみを見て操縦する「目視外飛行」が必要になります。
目視外飛行は1人で行うと機体の状況がわからず非常に危険なため、必ず補助者と一緒に飛行させなければならないと国交省が定めています。
その際、補助者は機体が構造物に衝突する等の事故を防ぐために、ドローンの状況を詳細に操縦者に伝える必要があり、非常に重要な役割を担うことになります。
また、点検場所によっては、GPSを受信できない状況下になることもあり、ATTIモードでの飛行が必要になる時があります。
ATTIモードでの点検では、操縦者は安全上機体から目を離すことができないため、補助者が代わりにドローンの映像を見ながら、安全確認のやりとりを行うことが非常に重要です。
本講習の実技検定に合格すると、「ドローン操縦技能証明証(目視外飛行追加)」を発行致します。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年6月26日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2019年6月26日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「DRONEフライトオペレーター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトマスター講習」(約3時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年6月24,25日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました

2019年6月24日(座学),25日(実技)にドローンフライトマスター講習を実施しました。

 

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年6月21日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2019年6月21日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

農業にドローンを使いたい方、クラブを作って皆とドローンを飛ばしたいという方が受講されました。
産業用ドローンを取り扱う上で、安全上より高度な操縦技術を身につけていただく必要があります。
少人数体制のカリキュラムで8の字飛行、飛行の組合、などを習得されました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「DRONEフライトオペレーター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトマスター講習」(約3時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年6月19,20日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました


2019年6月19日(座学),20日(実技)にドローンフライトマスター講習を実施しました。

先日大阪にて開催されたサインエキスポに参加され、当スクールの事を知って頂いた方が受講されました。
点検用の機体を探されいるとの事で熱心に受講されておられました。

当スクールでは一般用のドローンについても、MATRICE 200 SERIES V2など産業用ドローンについて取り扱いをしております。
お気軽にお問い合わせください。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年6月15,16日 国交省認定講習ドローンフライトマスターを実施しました

2019年6月15日(座学),16日(実技)にドローンフライトマスター講習を実施しました。

農業にドローンを役立てようと受講された方がおられました。
座学講習の中ではドローンの活躍が期待される分野、空撮、点検、農業、配送、測量についての実用例、今後の展望についてご紹介しております。
仕事でドローンの使用を検討される方もぜひ受講ください。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

2019年6月14日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました


2019年6月14日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

トイドローンを持って来ておられる方がおられ、合間に皆さんと一緒に交流されておられました。
初めは苦戦されておられましたが、ATTIモードでの8の字飛行を習得されました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「DRONEフライトオペレーター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトマスター講習」(約3時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。