2018年12月26,27日 国交省認定講習ドローンフライトオペレーターを実施しました

2018年12月26日(座学),27日(実技)にドローンフライトオペレーター講習を実施しました。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。

2018年12月19,20日 国交省認定講習ドローンフライトオペレーターを実施しました

2018年12月19日(座学),20日(実技)にドローンフライトオペレーター講習を実施しました。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。

2018年12月15,16日 国交省認定講習ドローンフライトオペレーターを実施しました

2018年12月15日(座学),16日(実技)にドローンフライトオペレーター講習を実施しました。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。

2018年12月12,13日 国交省認定講習ドローンフライトオペレーターを実施しました

      

 

2018年12月12日(座学),13日(実技)にドローンフライトオペレーター講習を実施しました。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。

 

 

2018年12月10日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2018年12月10日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「DRONEフライトオペレーター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトオペレーター講習」(約3時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。

2018年12月7日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2018年12月7日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「DRONEフライトオペレーター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトオペレーター講習」(約3時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。

2018年12月1日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2018年12月1日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「DRONEフライトオペレーター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトオペレーター講習」(約3時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。

2018年11月29,30日 国交省認定講習ドローンフライトオペレーターを実施しました

2018年11月29日(座学),30日(実技)にドローンフライトオペレーター講習を実施しました。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。

2018年11月26日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2018年11月26日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「DRONEフライトオペレーター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトオペレーター講習」(約3時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。

2018年11月22日 ドローンアフター飛行実技スクールを実施しました

2018年11月22日にドローンアフター飛行実技スクールを実施しました。

   

アフター飛行実技スクール

人口密集地など飛行禁止区域などでドローンを運用するには国交省の許可・承認が必要です。それを取得するための条件の一つとして、事前に10時間の飛行履歴を提出を求められますが、達成するためには機材の購入や日数もかなり要する可能性があります。
そこで「DRONEフライトオペレーター講習」の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターもついてドローンについてのアドバイスなどを行い、「フライトオペレーター講習」(約3時間)と合わせて10時間の飛行を達成していただくプランです。

DRONEフライトオペレーターとは

ドローンフライトオペレーター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、官公庁や多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「操縦技能証明証」を発行致します。

※ドローンフライトオペレーター講習は(一社)ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)が作成したカリキュラムの講習です。DPCAは国土交通省 航空局より2017年6月1日付けで所要の要件を満たした「無人航空機の操縦技能講習を行う民間の講習団体」として認定され、2017年10月1日付けで管理団体として認定されています。