国家資格の詳細について教えてください。

無人航空機の国家資格の制度詳細につきましては、
国土交通省で検討段階であり、まだ確定しておりません。
 
国家資格の取得は、自動車の運転免許と同じような流れとなります。
まず、弊社のような民間のドローンスクールをご受講いただき、
国が設置する運転免許センターのような所で座学実技試験を受け、
合格すると国家資格(一等資格または二等資格)が取得できます。
 
一等資格と二等資格の違いは下記を御覧ください。
ドローン機体認証・操縦ライセンス制度につきまして
 
現状、弊社のような国土交通省講習団体の資格を取得された方は、
国家資格の試験を受けていただく際に、
試験の一部、または全部を免除できる方向で検討されています。
ただし、どれくらい免除されるかなどはまだ決まっておりません。
 
また、国家資格導入後につきましても、
現在の民間資格を使用した許可制が平行運用されることが発表されており、
今後も弊社資格でドローンを飛行させることができます。
 
国は、物流などの産業でドローンを活用するために、
有人地帯の上を補助者無しの目視外で飛行させることを目指し、
国家資格制度を整備しています。
また、国家資格取得後も、
空港周辺などの飛行は今までと同様に飛行許可が必要となります。
 
上記のことをふまえ、弊社では、業務で日々ドローンを飛行させる方は国家資格
飛行頻度が低い方は民間資格および飛行許可で問題ないと考えております。
 
弊社も国家資格が取得出来るスクールを目指しておりますので、
情報収集を行い、随時ホームページに最新情報を掲載してまいります。
 
ドローンを安全に飛行をさせる技術を持つパイロットの育成のため、
弊社では一般的な目視飛行を習得するフライトマスター講習に加え、
目視外・夜間飛行やビジネスにもつながる撮影、点検・調査、災害危機管理者講習など、
様々に分野での活用できる講習を実施しております。
 
フライトマスター講習詳細はこちらから

国家資格取得のための講習を受けなかったら、どうなるのですか?

ライセンス制の講習を受講されなくても、2025年12月までは現在の飛行許可申請と併用になりますので、今の民間資格でも飛行は可能になります。

今すぐ国家資格が必要という訳ではございませんので、ご安心ください。

 

まずは、以下のページをご覧いただき、免許制と許可制の違いについてご確認ください。

免許制と許可制の違い

また、国家資格取得までの流れは以下となります。

国家資格取得までの流れ

 

国家資格取得講習のスケジュールを詳しく教えてください。

A-1 基本<経験者>【現地で座学1日と実技2日受講】(3日)

または、

A-2 基本<経験者>【オンラインで事前に座学受講と実技2日受講】(2日)

 

講習は3日間または2日間のどちらかになります。

フライトマスター講習受講済み(経験者)であっても、免許制に合わせた実地と座学の講習を受講していただく必要があります。

経験者コースとドローン操縦技能証明証の関係性については以下をご参照ください。

 

経験者コースとドローン操縦技能証明証の関係性

 

二等無人航空機操縦士(経験者コース)ですが、基本を終了した場合、目視内限定、昼間限定も含まれているのでしょうか?基本のみという選択肢もありますか?

コースを整理しますと、以下のようになります。

A.基本のみを取得される場合

A-1 基本<経験者>【現地で座学1日と実技2日受講】(3日)

 

A-2 基本<経験者>【オンラインで事前に座学受講と実技2日受講】(2日)

 

 

B.基本、目視外、夜間 すべてを取得される場合(目視外夜間の飛行形態を取得済みの方)

B-1 基本<経験者>【現地で座学1日と実技2日受講】(3日) + 目視内限定変更<経験者>(1日)+昼間限定変更<経験者>(1日)=5日

 

B-2 基本<経験者>【オンラインで事前に座学受講と実技2日受講】(2日)+ 目視内限定変更<経験者>(1日)+昼間限定変更<経験者>(1日)=4日

 

 

C.基本、目視外、夜間 すべてを取得される場合(目視外夜間の飛行形態を未取得の方)

C-1 基本<経験者>【現地で座学1日と実技2日受講】(3日) + 目視内限定変更<初学者>(1日)+昼間限定変更<初学者>(1日)=5日

 

C-2 基本<経験者>【オンラインで事前に座学受講と実技2日受講】(2日)+ 目視内限定変更<初学者>(1日)+昼間限定変更<初学者>(1日)=4日

 

イメージとしましては、自動車運転免許と同じで、普通自動車(AT限定)の免許を取得した後に限定解除でMTを運転できるようになるといった形になります。

そのため、ベースとなる「基本」はまず取得が必要となります。その後、目視外と夜間が必要であれば、昼間目視内の限定変更をする形になります。

もちろん、夜間飛行が不要だという事であれば、目視内の限定変更のみ追加で受けることもできます。

現時点では、昼間目視内の限定変更講習については経験者コースのみをご案内しておりますが、
順次、初学者向けの昼間目視内の限定変更講習(上記Cパターン)をスタートします。

経験者向けのコースは講習の修了時間が、初学者向けに比べると早いと考えていただければと思います。

講習費以外にかかる費用を教えてください。(受験費や申請費など)

講習費用には以下が含まれています。

・講習
・修了検定受験料
・修了証発行料金
・テキスト代

 

別途発生する可能性がある費用は、以下になります。

・補習費用(実技講習1時間当たり)¥5,000(税別)
・検定試験再試験費用(1回につき) ¥5,000(税別)

 

※フライトマスター講習以外の国交省認定講習を受講された後に弊社の二等講習を受講される方は、入学金20,000円(税別)が発生します。

国家資格取得講習を修了した場合、国家試験は学科のみでよろしいのでしょうか。

はい、国家資格取得講習で、実技の修了審査を行い、合格していただければ、当社で「修了証」を発行いたします。

修了証をお持ちいただき、学科試験を指定試験機関で受けていただく形になります。

 

詳しくは、国家ライセンス(技能証明) 取得の流れをご確認ください。

 

また、指定試験機関で身体検査も必要となりますので、併せて以下もご確認ください。

 https://ua-remote-pilot-exam.com/procedure/non-licence-holder-designated-organization/

国家ライセンスを取得しない場合、現在持っている資格(民間資格)の更新はどうなりますか?

2025年12月までは、現在の飛行許可承認申請で使用できますので、ライセンス制に完全移行されるまでは、これまで通り使用していただけます。また、ドローン操縦技能証明証は、国家資格の「経験者コース」を受講される際に、必要となりますので、国家資格を取得されるまでは、弊社のドローン操縦技能証明証は更新されることをおすすめします。

経験者コースとドローン操縦技能証明証の関係性については以下をご参照ください。

経験者コースとドローン操縦技能証明証(民間資格)の関係性

国家資格(免許)がないとドローンを飛行させることができなくなるのですか?

2025年12月までは、現在の飛行許可承認申請と併用になりますので、今の民間資格でも飛行は可能です。現在と同様に飛行許可申請をすることでドローンを飛行させることができます。

今すぐ国家資格が必要という訳ではございませんので、ご安心ください。

2025年12月以降は免許制度に完全移行しますので、その際には国家資格を取得していただく必要があります。

また、民間資格を所持していると、国家資格受験の際の試験の一部が免除されます。

詳しくは、

ドローン機体認証・操縦ライセンス制度につきまして

民間資格と国家資格の違い

をご覧ください。