【新製品】DJI Mavic 3登場! 機能解説・ご注文はこちらから

11月5日に、DJIから「Mavic 3」が発表されました。
Mavic 2 の発売から約3年ぶりの後継機登場で、大幅にアップデートされています!
Mavic 3 の注目の特徴について、解説していきます。

Mavic3の特徴

デュアルカメラシステム

Mavic 3 はなんと2つのカメラが搭載されています。

  • Hasselbladカメラ(4/3インチ CMOSセンサー・20 MP)、
  • 望遠カメラ(1/2インチ CMOSセンサー ・12MP )

Hasselbladはスウェーデンの名門カメラメーカーです。
独自のカラー ソリューションで鮮明かつ自然な色合いを再現することができます。
Mavic 2 Pro にもHasselbladカメラが搭載されていましたが、Mavic 3はイメージセンサーが大きくなったほか、画角も広くなり、画質等驚異的な進化を遂げています。

望遠カメラでは、28倍のハイブリッドズームで遠くの被写体も綺麗に撮影することができます。

5.1K@50fpsでの動画撮影

Mavic 3 では、5.1K@50fpsでの動画撮影および4K@120fpsでのスローモーション撮影が可能です。

空撮業務で大活躍すること間違いなしですね!

全方向障害物検知システム

Mavic 3 は、上下、左右、前後の全方向で高精度の障害物検知を行い、ノーマルモードでも自動で障害物を回避することができます。

Mavic 2 も全方向障害物検知システムを搭載していましたが、左右方向の障害物検知はアクティブトラックまたはトライポッドモードでのみ利用可能でした。

Mavic 3 ではより安全な飛行が可能となりました。

最大飛行時間46分

Mavic 3 の最大飛行時間は、産業機を除いたDJI社ドローンの中で最長の46分です。
Mavic 2 の31分と比較すると15分も長くなっており、飛行・構図調整・撮影により時間をかけることができます。

アドバンストRTH

従来のRTH機能では、機体は一旦上昇し、直進飛行した後、離陸地点上空で止まり、その後着陸していました。
また、離陸地点までに障害物がある場合は、ドローンは上昇して障害物を回避し、その後下降してRTHを再開していたため非効率的でした。

Mavic 3 に搭載されているアドバンストRTHでは、風速・距離をもとに必要な電力を計算し、もっとも安全な飛行経路でエネルギーを節約し帰還します。
前方検知範囲が200mに拡大され(Mavic 2 は20m)、RTH中により早い段階でルート変更ができ、 障害物を回避しながら安全な航行が可能です。

Mavic 3 Cine

Mavic 3 と同時に、「Mavic 3 Cine」が発表されました。
この機体は、Mavic 3 に大きく以下の3点が追加されています。

  1. Apple ProRes 422 HQコーデック対応
  2. 1TBのSSD高速内部ストレージを内蔵
  3. コンボに新スマート送信機「DJI RC Pro」同梱

ご注文

「Mavic 3」は11月18日、 「Mavic 3 Fly More コンボ」と 「Mavic 3 Cine Premium コンボ」は11月23日に発売となります。

弊社では予約を受け付けております。
(ネットショップからのご注文でmicroSDカードをプレゼント中!)
数量限定となりますので、お早めにご注文ください。

↓ご注文はこちらから

Posted in 未分類.