【撮影準備】ドローン撮影で必要な準備物について

こんにちは、プロクルードローンアカデミーの一居です。

ドローン撮影のために現場に到着し、「あ、~を忘れた」という経験はありませんか。

今回は、ドローン撮影時に必要な物、あると便利な物をご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

必要なもの

  • 機体と機体カメラ
  • 送信機
  • プロペラ
  • 予備プロペラ
  • プロペラガード
  • バッテリー
  • タブレット等のモバイルデバイス
  • タブレット通信ケーブル
  • MicroSDカード

あると便利なもの

  • 送信機ストラップ
  • モニターフード
  • PC
  • SDカードリーダー
  • ユニフォーム
  • ヘルメット
  • サングラス
  • トランシーバー
  • 風速計
  • 国土交通省 許可証

 

いかがでしたか?

こういった準備物はチェックリストのようなものにまとめておいて、抜けがないようにしておくと、スムーズに撮影できると思いますので、ぜひ実践してみてください。

国交省認定講習 ドローンフライトマスター講習を毎週開催しています

ドローンフライトマスターとは

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。

大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。

ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

本講習について

国土交通省が定める講習要件を全てクリアし、多くの企業様から受講いただいているドローン操縦技能講習会です。
本講習の検定に合格された後に、10時間以上の飛行履歴(本講習の実技時間や今までの飛行時間も含む)が記載された用紙を提出することで、国土交通省より飛行許可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化される「ドローン操縦技能証明証」を発行致します。

Posted in コラム.
プロクルー・ロボティクス ホームへ