ドローンでできること -空撮と点検で集客アップ・コストダウンへとつなげる-

ドローンは空撮だけでなく、点検においても活用する事ができます。
当社が行ってきた事例を元にドローンでできることをご紹介します。

空撮でドローンが活用できるシーン

ドローンで空撮することで今までにない視線からのインパクトを得られ、
PRに効果的に使用することができます。

プロモーションビデオに使用する

企業のPR

社屋の全景をドローンの非常に高精細な映像で空撮することで、
映像を見た人に大きなインパクトを与えることができます。
また外観だけで無く、天井の高いエントランスや工場内など、
屋内の様子も撮影することも可能です。

イベントのPR

イベントを空撮することで、参加者の人数やイベントの規模を収めることができます。
ここから新たな参加者にイベントの魅力を伝えることで集客アップへと繋がります。

 

空撮した映像はデジタルデータですので、YouTubeへの配信、
企業ホームページへの掲載などがスムーズに行えます。
その他、パンフレットへ掲載する、TVCMで使用するなど様々な活用方法が考えられます。

映画、ドラマ、CMなど

最近のテレビ番組ではドローンで空撮した映像がよく流れています。
通常のカメラで撮影した映像の間に空撮した映像が組み込まれていることが多いです。
このように少しだけドローンの空撮映像が流れるだけでも、
大きなインパクトを与えることができます。

素早い動きにも対応

また、カーレースの空撮など、動いている物の空撮も可能です。
弊社の取り扱うドローンは自動追尾機能を搭載しています。
上記の動画を見ていただくと、被写体のボートを常に追い続けていることがわかります。
ドローンがどんな動きをしようともカメラが自動的に動いて指定した被写体を追尾することができるのです。
この機能を使うことで、通常の空撮では難しい、よりダイナミックな映像を空撮することができます。

観光地のアピール、地方創生

雄大で美しい自然、大きくそびえ立つ歴史的建造物、街のシンボルなど、
各地域には観光客に対してアピールするポイントがあるはずです。
これらをドローンで空撮することで、新たな魅力が見えてくることがあります。
また、ドローンブームである今、観光客はドローンで撮影された観光地を
ホームページやCMなどで見る際に大きな魅力を感じるのではないでしょうか。
ドローン空撮映像をきっかけに集客が上がることもあり得ます。

不動産物件のイメージ映像

ドローンによって不動産物件を魅力的に空撮することが可能です。
例えば、高層マンションの撮影であれば、
物件の全体像から周辺の町並みの見え方が収められます。
また、海辺の物件であれば、海と物件を収めることによって物件の魅力がより際立ちます。

工事状況の記録

工事の進捗状況を動画や写真で記録する際、
ドローンを使うと記録作業を簡略化できます。
通常のカメラでビル建築の進捗を記録する際は、
ビル全体が映るように現場から長い距離を取って撮影する必要があります。
しかし、ドローンであれば撮影者はほとんど移動することなく、
ドローンを上空へ飛行させるだけでビル全体を空撮できます。


GS Pro(アプリケーション)を使った自動航行設定画面

さらに、ドローンの自動航行機能を使えば、さらなる簡略化が行えます。
ドローンを飛行させるルートと空撮するポイントをアプリケーションにプランニングしておけば、
あとは勝手にドローンが飛行して空撮してくれます。
別の日に空撮する際も同じように飛行と空撮を行うので、進捗状況を記録するにはぴったりです。
パイロットがいちいちドローンを操縦して空撮するという手間を省く事ができるのです。

結婚式などでの記念撮影

結婚式や成人式など、一生に一度しか経験できない日の記念写真はドローン空撮がおすすめです。
ドローンの空撮によって印象的な一枚を残すことができます。

 


ドローンで空撮を代行します

ドローンには、人間が見ることのできない視点の映像を収めることができるという強みがあります。
この強みを活かして魅力的な映像を残してみてはいかがでしょうか。
当社では、ドローンの空撮代行を行っております。
上記の事例に関してはもちろん、それ以外でも空撮が可能かなど、お気軽にご相談ください。

⇒詳しくは、空撮の代行をご覧ください。


 

点検でドローンが活用できるシーン

ドローンのカメラを使ってできることは、風景映像を撮るだけではありません。
ドローンは人間の代わりに、高い所を見る「目」になってくれるのです。

屋根、屋上の点検

通常、屋根や屋上を目視する際は、高所に登る必要があります。
高所での作業は危険も伴いますし、場合によっては足場を組む必要があります。
しかし、ドローンを飛行させればドローンの高精細カメラによって、
屋根や屋上の状態を綺麗に記録できるので、安全に手間をかけずに済みます。

ソーラー点検

日本全国には約40万件のソーラーパネルが設置されています*1。
各ソーラーパネル設置業者様も多くの件数の設置実績があるのではないでしょうか。
しかし、これだけのソーラーパネルを目視点検するのは非常に大変だと考えられます。
ドローンであれば、点検者が屋根や屋上にのぼる必要がなく、
ソーラーパネルにゴミや鳥の糞が付いていないかなどの目視点検が可能です。

*1:エコめがね(https://blog.eco-megane.jp/setsubi_nintei/donyu01/

 


ドローンで点検を代行します

このように、人が直接行う高所作業は危険で時間とコストがかかりますが、
ドローンによって安全確保、作業の効率化、コスト削減へと繋げることができます。
当社はドローンによる高所の点検を行っております。
足場が組めない場所での高所点検や、人が入りにくい場所での点検など、
ご希望に応じて目視点検を行いますので、お気軽にお問い合わせください。

⇒点検の代行についてはドローンによる点検(リアルタイム配信システム)をご覧ください。


 

ドローンのカメラ性能について

高画質カメラによる撮影


ドローンに搭載されているカメラは飛行に影響が出ないように小さな物が使用されています。
小さなカメラではあまり綺麗な映像や画像を撮影できないのではないかと思われがちですが、
最近のドローンは非常に高性能なカメラが搭載されています。

*全画面表示で画質を1080p以上にしてご覧になってください*

上記の動画の木に注目すると、それぞれの枝が風で揺れていることがはっきりとわかります。
また、駐車場の白線や建物の屋根の塗装具合もよくわかります。
これだけ高度を上げた状態での空撮でも被写体の状況を細かく描写できるので、
搭載されているカメラの性能が高いことが分かります。

ジンバルによる安定した映像


多くのドローンには映像のブレを抑えるためにジンバルが搭載されています。
ジンバルは簡単に言うと、センサーで傾きを検知してそれを補正する役割を持っています。
ジンバルをドローンに搭載したことで、風により機体がぶれたり、機体を激しく操作したりしても、
カメラの角度を一定に保つことができるようになりました。
下記の動画でドローンの優れたカメラのブレ補正をご覧いただけます。

前後左右に機体を大きく傾けていますが、カメラは水平を保とうとしていることがわかります。


ドローンスクールを開催しています

ドローンは様々な用途で活用する事ができます。弊社がフライトを代行することもできますが、
ドローンを自社で導入し、ご自身でフライトされることで、業務において自由に活用できます。
しかし、ドローンは飛行する物なので、操作ミスによって大きな事故に繋がる可能性があります。
ドローンを購入することは簡単ですが、上手く活用するには基礎知識や基礎操縦技術が必要です。
弊社ではお客様がドローンを導入した後も安全に活用できるように、短時間のスクールを開催しています。
ドローンの導入を検討されている方は、ぜひお申し込みください。

ドローン 基本操作・安全管理スクール in 滋賀(申し込み用別サイト)