2018年6月26日 水難救助訓練にてドローンによる捜索訓練に参加します

2018/05/23

ニュース

公共活動への協力

2018年6月26日 滋賀県長浜市港町 長浜港において、水難救助訓練が実施されます。
今回の訓練では、沖合に流されてしまった要救助者2名を警備艇と防災ヘリで救出します。警備艇が1名を救出した後に、当社はドローンを飛行させて上空からもう1名の要救助者を捜索します。さらに、撮影中の動画は、リアルタイムで現場指揮本部へと伝送され、その情報をもとに本部より防災ヘリの出動要請を行います。その後、防災ヘリが要救助者へと向かい、救出することになります。

昨年の様子

今回、ドローンが活用される理由として、通常の目視での捜索方法では要救助者を発見するのに時間がかかりますが、ドローンによる捜索であれば、確認したい場所をピンポイントかつ広範囲に素早く行えるということが挙げられます。最初から要救助者がいる場所が特定できれば、防災ヘリはスムーズにその場へ向かうことができ、結果的に素早く救助することができるのです。

当社は今までに、土砂災害時の防災訓練テロ対策訓練に参加し、今回の水難救助訓練で3度目となります。ドローンはその他の救助活動においても活用できる可能性を持っております。今後も数多くの訓練に参加し、その実用性について検証して参ります。

 

 

プロクルー・ロボティクス ホームへ